スーパー温熱鍼灸整骨院 の記事一覧

メインメニュー

スーパー温熱鍼灸整骨院の投稿


喘息や浅い呼吸は肩甲骨をほぐして改善

都会のオアシス大阪城。

先日早起きをしすぎて、久々大阪城に飛んでいきました。
食べ過ぎなのでウォーキングもたまには必要です。
かなりゆっくりですが。笑笑
1時間で3キロだけ。笑大阪城



呼吸を整えるのにゆっくり歩いて気持ちよく踏みしめて歩きました🐾

では、呼吸は大切だとよく言われますが、なぜ呼吸が大切なのか?
人間のカラダがパニックに陥った時は呼吸が損なわれるときです。

ストレスからくる過呼吸や、喘息からくる呼吸困難、パニック症候群も呼吸困難なども大変つらい症状として現れますが、
日常的に当院に来られる方の症状でたまに言われるのが、
背中や首、肩甲骨周りのコリがひどく、呼吸が浅くなったり、睡眠が深く取れなかったり、なんていう症状もまあまあ多いのです。

呼吸が浅くなると頭や体が酸欠状態になるのでどうしても疲労しやすくなるのです。

だから肩甲骨の肺や心臓のツボをかなりしっかり温めて呼吸を深めやすいところやからここをほぐすとぐっすり眠れたりもするのです。


皆様も是非是非、呼吸が浅いな、眠り浅いな、過呼吸になりやすいなどがあれば、一度、肩甲骨まわりバキバキこっているか周りの方にチェックしてもらって下さい^_^

呼吸が浅いとしんどくなるもう一つの原因としては、血流が悪くなり、血流が悪いと全身の栄養となる酸素がしっかり回らない為、しんどくなりがちなのです。

だから、呼吸が浅いと温熱療法をするんです。
そしたらゆっくり深い呼吸もでき、全身に栄養となる酸素が回る為、カラダがどんどん楽になっていきます。

これらの症状でお悩みの方は一度是非
温熱療法60分or90分コース、お試しください

#呼吸法 #呼吸が浅い #喘息持ち #喘息改善 #喘息持ちの方はなおさら #温熱療法 #するべきです #肩こり改善 #首のコリ改善 #温活しよう #夏こそ温活 #冷やしたらダメ #温めて健康な体つくり
#血流が全て解決する #谷町四丁目 #天満橋 #本町 #リラクゼーション #でも効果は絶大 #愛する温熱 #温活ライフ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガンは、体を温めよう!免疫力と自然治癒力をアップ!

温熱療法を受けに、ガンの方も時々来られますが、その理由はガン細胞は熱に弱い!ってことを知っている方が最近増えたからかもしれません。
https://allabout.co.jp/gm/gc/302530/

がん細胞は42,5度の温度を超えると生存率が一気に下がります。
また、がん細胞は、熱が一度入ると熱を逃がす仕組みが弱いというのも特徴の一つです。
つまり、「がん細胞は温まりやすく熱に弱い」と知っておいてください。

当院の立地上、大阪国際がんセンターが谷町四丁目にある為、ときどき病院の後に来られる方がいます。https://oici.jp/hospital/utility/department/

最近は若い女性の方も多く、稀なガンを持ってこられる方もいますが、共通して言えることはガンの方は低体温の方が多いのが事実です。
低体温(35度~35,5度)はガン細胞が一番増殖しやすい体温ともいわれている為、根本的に体質改善するには、まずは体温をアップさせること、なのです。

体温を高めていくと「自然治癒力」や「免疫力」を高めることができます。

私たちが健康であるために欠かせないのが、「免疫力」と「自然治癒力」。
転倒して膝を擦りむいた際、消毒するだけで治そうとする力が「自然治癒力」、
ウイルスや細菌が体内に侵入しようとしたとき防御しようと体のシステムが働くのが「免疫力」。

この2つは体温が下がると低下しやすくなるし、年齢を重ねるごとにも、低下しやすくなります。

そこで・・・
簡単に「免疫と自然治癒力を高めるのには温熱療法とドーム型サウナがオススメ!!」
当院の温熱器はもともとガンやリウマチの方の為にできた機械で、ガンの方には温熱器を使って体温を上げて免疫力を高める、
リウマチの方は関節は冷えたら固まりやすかったり痛みが出やすくなるため、関節をしっかり温める。
というためにできた機械です。

体質改善をしていくためにも、身体に熱をしっかり入れて、自律神経を整え、内臓の機能も高めていく温熱療法はとってもお勧めです。
そして、温熱療法を受けた後は、遠赤外線を照射する「ドーム型サウナ」でゆっくり発汗させるのです。https://pokaraku.com/dome-sauna/
体内の老廃物もしっかり出ていき、終わってからはお身体スッキリします。

お体の悩みがある方、一度試してみたいな・・・という方はいつでもこちらまでお問い合わせください。

☎ 0120-021-559
✉ info@pokaraku.com

まで。
鈴虫
阪井


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパー温熱へのお問い合わせはこちら