「冷えとがん」について・・・

メインメニュー

「冷えとがん」について・・・

【死亡数の多いガン種、一体なんでしょうか?】

こたえはこちら
👇
👨男性
一位 肺がん 二位 胃がん 三位 大腸がん
👩女性
一位 大腸がん 二位肺がん 三位 胃がん

と、順不同ですが、入っているのは、「肺・大腸・胃」
でした。

ここで、なぜ、肺や大腸、胃はがんになりやすいのでしょうか?

その答えは
【冷える内臓はがんにかかりやすい】
ということなのです。

【がんにかからない臓器は
→心臓と脾臓 】

がんにかかりやすい臓器とがんにかかりにくい臓器との大きなちがいは、両者の温度差です。

心臓は常に運動を繰り返して熱生成をしているため40度台を維持しています。

脾臓も赤血球が集中しているため、温度は40度台となってます。

だからこそ【冷えはがんをもたらす】、と東洋医学の視点からはかんがえられるのです。

最近では酵素の存在に注目した西洋医学の視点からも【冷えとがん】は密接な関係が指摘されるようになってきています。

ガンだけでなく様々な病気予防に温熱療法はもってこいなのです。

健康維持を保つためにも、内臓の活性にも、カラダの疲労にも温熱療法はもってこい。看板「

ご興味ある方は是非こちらまで。

温熱療法

阪井


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スーパー温熱へのお問い合わせはこちら